サンディスクSDHCカード(8GB)_2


コスメのレビュー記事を書くこともおおくなり、写真を撮る枚数もすごくふえてきました。
だいたいいつも1つのアイテムにつき200~300枚ほど撮るかな?

撮る枚数が多いのか少ないのかはわかりませんが、カメラで撮ったあとはパソコンに保存し、その後はSDHCカード内の画像を消してしまいます。

ひんぱんにデータ消去もするし、カードの出し入れ(カメラ→パソコン、パソコン→カメラ間)もあるし、カードそのものにも負荷がかかるかもしれないなぁ、と感じていたため、予備のSDHCカードを買っておこうと考えてました。


家電量販店で一眼レフを買ったときもSDHCカードはサンディスクでしたので、今回も同じメーカーのものにしました。

サンディスクSDHCカード(8GB)_1


買ったときは気づかなかったのですが、CLASS4のものを選んでしまったようです^^;

すぐに買ったお店まで行けば交換してもらえたのですが、あいにくずっと気づかなかったんですよね。

ちなみにCLASSというのはスピードクラスのことで、読み書きの早さを数値で表してるようです。
CLASS4は、どちらかというと遅め、って感じかな?

わたしの場合、おもに静物(コスメレビューなどがおおい)し連射機能も使わないからそこまでスピードクラスを必要としないはず!とCLASS4でも問題なさそうに思いました。

まあ、遅いより早いほうがいいのだろうけど、つぎに新しいSDHCカードを買うならばそのときに気をつければいいかな。

サンディスクSDHCカード(8GB)_3


では、SDHCカードを開けてみます。

裏側にミシン目があるので、かんたんに開けることができますよ。

ピリピリピリ…ッ!←開けてるところ

サンディスクSDHCカード(8GB)_4


開けたら保証書が出てきました。

5年保証となってますので、たいせつに保管します。

サンディスクSDHCカード(8GB)_5


SDHCカードがみえます。

サンディスクSDHCカード(8GB)_6


SDHCカードの表側。

サンディスクSDHCカード(8GB)_7


SDHCカードの側面。

プロテクトスイッチがロック状態か解除されてるかを確認しておきます。

サンディスクSDHCカード(8GB)_8


SDHCカードの裏側。

端子部分にはなるべくさわらないように~。さわらないように~~。←ガサツだからいいきかせてるw

使ってみた感想



まだ数枚しか撮ってませんが、CLASS4でもイライラするほど遅く感じたことはありませんでした。

スピードクラスが早いとSDHCカードの値段も高くなるので、信頼性のあるメーカーのカードならば、わたしにはCLASS4でも許容範囲かな。