Firefox詐欺サイトの警告_1


最近、頻繁に詐欺サイト偽サイトに遭遇するからちょっと慣れてきた(?)ところもあるのですが、Firefoxの警告画面にはかなり驚いてしまいました…!

みてください、この画面。
真っ赤でしょ?

彩度が低めの赤い色なので目が痛くなるほどではないけれど、ショッキングな色ですよねえ…。

まあ、この先は危険だと知らせるには効果的な色だと思いますが~。

ウイルスバスター クラウドでセキュリティ対策!


関連記事
「ウイルスが見つかりました」という表示が突然あらわれた!
javaのダウンロードをうながす偽サイトもあるので気をつけて!
「システム警告 Windowsセキュリティシステムが破損しています」という警告に気をつけて!
googleで当選!?フィッシング詐欺に気をつけて!


画像でははっきり読めないので、テキストも載せておきますね。

このウェブサイトを訪れるとあなたのコンピューターを損なう恐れがあります

このページは、コンピューター上のあなた個人情報を盗んだり削除したりする悪意のあるソフトウェアをインストールしようとしているため、Firefox によりブロックされました。

勧告の提供者: Google Safe Browsing。


詳細を見るをクリックして確かめるのもこわいので、ちょっとしらべてみました。

参考サイト:めんどう、いんふぉ。
firefoxブラウザ ver54.0.6で「この先は詐欺サイトです」と出る

Firefoxでの警告はGoogleのツールによって判定されている



どうやらGoogle Safe Browsingが警告の提供者となっていて、FirefoxだけじゃなくGoogle Chromesafariにも導入されているみたい。

スマートフォンやタブレットでもこのような警告が出るようですよ。

Firefox詐欺サイトの警告_2


ちなみに警告が出たときのアドレスバーはこんな感じです。

Firefoxの設定方法



Firefox詐欺サイトの警告_6


右上にハンバーガーメニューがありますので、クリックしてメニューを開きます。

メニューを開いたらオプションを選択します。

Firefox詐欺サイトの警告_3


オプションの画面になったら、プライバシーとセキュリティを選びます。

ちょっと画面を下までスクロールさせるとセキュリティを設定することができます。

Firefox詐欺サイトの警告_4


3つ全部にチェックを入れましょう。

Firefox詐欺サイトの警告_5


ハンバーガーメニューのほかに、メニューバーからも設定できます。

ツールからオプションを選んでください。

まとめ



ブラウザが詐欺サイトを警告してくれるのは安心感が増すのでよかったです。

だけど、定期的にウイルスチェックをしてくれるウイルス対策ソフトを入れておけばより安心できますよ。

ウイルスバスタークラウドは国内シェアNo.1で、やや動作が重い感じはしますが、ウイルス検出機能が高いのでおすすめです。

ウイルスバスターのご購入はこちら